ホーム > プログラム概要 > GPSS-GLIについて > 総長からのメッセージ

プログラム概要

総長からのメッセージ

 

 サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)(2005年)やサステイナビリティ学教育プログラム(GPSS)(2007年)の設立以来、東京大学は、サステイナビリティ研究を推進し、その成果を社会に適用していく大学パートナーシップをリードする存在として広く認知されています。
 そのようなIR3SとGPSSの成果を礎に、広範な知識と確固たる専門性、強固な倫理感を併せ持つ次世代のグローバルリーダーを養成することを目的として、サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム(GPSS-GLI)が2011年に設立されました。GPSS-GLIは、東京大学が文部科学省の「博士課程教育リーディングプログラム」の支援をうけて、世界に通用する学位プログラムとして実施している9のプログラムのうちの一つであり、大学院新領域創成科学研究科と国際連合大学が互いの教育資源と国際研究ネットワークを持ち寄り、グローバルリーダーを養成するために必要な訓練と機会を用意しています。
 その取り組みは、サステイナビリティ学分野のグローバルリーダーを養成するプログラムのベンチマークとなっています。





 

東京大学総長
五神 真