ホーム > プログラム概要 > 学生支援 > 英語サポート

英語サポート

GPSS-GLIでは、英語が母国語ではない学生のために、英語のサポーティングプログラムを提供しています。

全ての講義は英語で行われ、学生は英語によるプレゼンテーションや論文提出が求められます。

John Freeman



メッセージ

私は、ジョン フリーマンです。これまで40年以上、大学生、管理職員、教授、研究員、会社員などの英語教育に携わってきました。東京大学柏キャンパスでは、 2010年2月から、英語コンサルティングサービスを行っております。 英語面でのサポートが必要な際は、喜んでお手伝いいたします。

ジョン フリーマン特任教授
GPSS-GLI

1. 科学技術英語論文と英語のプレゼンテーション

GPSS-GLIの学生は、ゼミやポスターセッションで英語によるプレゼンテーションを求められます。そのような英語によるカリキュラムの履修をサポートするべく、毎年2回、科学技術英語とプレゼンテーション講座を開講していますGPSS-GLIの学生には、個別の特別プレゼンテーション指導も行っています。 それ以外にも、夏休み、春休みの期間中に1日~2日で完結するセミナーや集中講座も目的別に開催しております(詳細はこちら 柏IO 語学教育プログラム)。
また、学術論文をジャーナルに投稿する前の英語チェックも個別に提供いたします。


役に立つリンク


2. 論理的思考法

GPSS-GLIのコンテンツベースの科目を補足するクラスとして、「Critical Thinking Courses(論理的思考法コース)」という技能クラスを開講しています。着想から出版に至る全ての研究プロセスにおいて、論理的思考法は欠かせない技能です。論理的思考法とは、好奇心、客観的視点、柔軟な思考を持ち、懐疑的に体系立てながら考えていく技能です。


論理的思考法の例:

3. 面接訓練

外資系企業の就職面接を受ける学生には、英語の面接指導も行っております。